2016.06.19 Sunday | 2016:日本一周 |

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
【36日目】→湯布院・だんご汁・九重夢大吊橋・長者原・ごまだしうどん→道の駅かまえ

5時起床、雨は降ってない様子だが、空は曇天。
ラジオで情報収集すると、前線は通りすぎた様子。
これなら動けるぞ!活動開始!

寝袋からテントからすべてを干して、その間に食事。
どうも昨夜、車中泊の方が来られた様子。
全然気づかず寝こけてましたが、敷地内に車が一台停まっている。
これは…炊事場占領している状態なので、早めに撤収しなければ。

ここのキャンプ場は有料なだけあって、ゴミが出せるのがありがたい。
ガス缶も出せるので、残り少ないガスを使いきる。


↑玉ねぎとウインナー+コーンスープの素でホットサンド。



今日はスープの素を水に溶かさず、
具材を水にくぐらせた後に粉末をふりかけてみたんですが、
今度はちょっと水が足りない感。
具材的に水分が少なかったのもあると思うのですが。
ふりかけ的だったら洗い物なくていいから楽かなぁと思ったんだけど。


↑撤収完了!

車中泊の方、風親父さんとも挨拶できて、バイク日本一周の先輩でした。
やっぱり梅雨との戦いになりそうです。

さてさて、準備が出来たら8時に出発。
別府の地獄巡りに向かう前に…。


↑キャンプ場で案内された堀田温泉(210)

昨日火遊びして灰が飛び散った中で過ごしてたので、
どうにもこうにも、全身洗って着替えたかった。
あーうん、洗い場とかはいいけど、湯船だけ無理だなぁ。今日だけ?

駐車場で話しかけてきたおじさんと話す。
地獄巡りについて聞いたら、
温泉がボコボコわき出てて、それに色がついてたりするのを見るだけらしい。
昔は温度が高くて近寄れなかったので、地獄って名前がついたそうです。
今は一部、足湯できるくらいで、温泉巡りではないらしい。

ちょっと迷いだしたので、一度ローソンで天気やら含めて情報収集。
地獄巡りって2000円以上ですって!
ちょおおお、いきなりそれは高いなぁ…。

やめとこ!(´・ω・`)

それじゃ先に進みましょう。
来週また雨なので、できるだけ進めておきたいしね。


↑雲多いけど、久しぶりに青空!

湯布院付近は快走ルートでした。
カルストとビーナスラインを混ぜ合わせたような。
しかし寒い!
気温11℃、ダウンを着ても寒い。
日が当たると少し暖かいんだけどねぇ…天気は徐々に曇り空。

道の駅・ゆふいん到着、お腹が減ったのでご飯。
ホットサンドよりもオートミールの方が腹持ちがいい気がする…。


↑だんご汁(700)


↑麺はぶちぶち切れたような短い麺ばかり。

白菜とか入った味噌ベースの汁で、ほうとうに近い気がする。
でもほうとうのもっちり感はなく、
うどんのようなぷりっと感もなく、
すいとんよりも薄くて食べごたえもなく、
なんだかどっちつかずだなぁ。…って感じかな。

快走ロードで有名なやまなみハイウェイを、寒さと戦いながらも走り、
途中の看板に惹かれて横道へそれる。


↑おおおお、見えてきました!


↑九重夢大吊橋(500)

通行料500円で迷いましたが、
かなり大きくて面白そうだったので通ってみました。


↑この吊り橋はガッチリ固定系でほとんど揺れない橋なので、
橋渡るだけは面白くないと思います。

でも、そこから見る景色がすごい!



大分は霧がよく出る地域らしくて、ここも朝方は真っ白だったらしい。
私が行った時は霧は晴れてたけど、雲が低くて、刻一刻と形を変えてて、
珍しく眼鏡をしてたので山の葉の輪郭がくっきり見えた事もあって、
すごい雄大な景色でした。




↑すごい気に入ったようで同じような写真ばっかり大量に撮ってた阿呆か。







往復ゆっくり歩いて満喫。
ちなみに平日だし観光客は少ないのか、お土産ショップは開店休業みたいな感じでした。
橋を渡っている人は何組かいたけどね。


↑ご当地キャラ。結構可愛い。

今まで声かけてくれた方がすすめてくれた「くじゅう」、
私ずっと九重だと思ってたんですが、
正しくは九重(ここのえ)で、隣の地域が久住(くじゅう)だそうです。
でも、口語でクジュウと言ったら九重と久住を合わせた一帯を指すらしい。
吊り橋で話した警備の方が教えてくれました。

ちなみにこの方、W3ライダーだったそうで、
色々面白い話を聞かせてくれました。
とりあえず私もネジが外れないように気を付けます。笑。
ぜひ奥さま連れて北海道にも行って下さい。
その方にすすめられたくじゅう花公園に向かってみる事に。

やっぱりこういう、看板見て寄り道したり、
途中の人と話し込んだり、その時すすめられた場所に行ったり、
そういう余裕があると楽しいよね!
雨予報で仕方ないんだけど、広島から終着点固めて動いていたので、
久しぶりに旅のワクワク感を取り戻した気がする。


↑14時頃、長者原に立ち寄る。
長者原(ちょうじゃばる)という読み方は二度見するね。


↑ここらの木は幹が真っ黒で、それが緑の中に立ってると、
なんだか普通じゃないような異質な空間な感じで面白いなと思って。



地図上では一本道と見せかけて、
T字路とか普通にありすぎて結構迷いました…。








↑迷ったせいで、すぐに広場に出てきてしまいました。




↑なかなか空模様がやばい。

1時間ほど散策してから出発。


↑花公園は入園料1,380円で断念…。
ちょっと高いけどって言ってたけど、確かに高いわ。
一日過ごすつもりで来ないと勿体ない。また今度にしよう。
外側から覗いた感じではかなり色々なお花が咲いてたし、お客さんも多く賑わってた様子。

15時半頃、道の駅・竹田に到着。
なんでか今日はやけにお腹が減る…。


↑ゆでもち(280)と、米粉のシュークリーム(150) ゆでもちは具も皮も薄くて微妙かも。


↑ヤーコン(100) 玉ねぎ食べきったので次の野菜として。
芋系かと思ったけど梨的な感じらしい。

進む方角は決まっているものの、どの道をどこまで行くかを考える。
岡城址もおすすめされたので、途中で寄りたいね。

決まったら出発。
岡城址はナビに登録せず、看板に従おうと思ったら、
看板見落としたっぽくて素通りしてしまう。

縁が無かったんだろうなって気にせず進む。
今日の吊橋や長者原みたいに呼ばれる時もあるので、
お呼びでなかったんだろうと思う。
絶対行きたい場所以外は、
こういうユルい感じで寄るかスルーか決めているのです。


↑18時、佐伯市の味愉喜に到着。


↑ごまだしうどん(540)

ゴマを練ったものに魚と醤油を混ぜて作った味噌のようなものを、
うどんの茹で汁(何か加えているとは言ってた)で溶かし、つけ汁を作る。

これが美味しい!
ただのゴマペースとじゃないから、
かなり奥行きがあるというか旨味があって、
うどんもこれは美味しいうどんだ!

年中食べる日常食なので、外食する人はほとんど県外の人らしく、
日本一周している事を話して、
慣れた様子のお店の主人に観光情報など話を聞かせてもらう。


↑お母さんが筍の煮物を分けて下さった!

うわあああ美味しいいいいい!!!
道の駅ではよく見るけどキャンプ中に調理出来ないし、
今年は筍食べられないと思ってたので、すごい嬉しい!


↑コーヒーも御馳走になる。

ご当地うどん巡りもしていると話したら、九州のうどん屋情報まで教えてくれた。
あまりに居心地が良くて1時間くらい居座ってしまいました。

さて宿営地ですが。
道の駅・やよいは23時まで温泉施設が営業していて、
横を通った時に見た感じだとかなり大規模な建物だったので野宿は無理。
少し先ですが、道の駅・かまえまで進もう。

県道37号かな、なかなか快適ロードでしたが、虫アタックがすごい。
細かい虫も多いけど、結構大きいのが当たる当たる、
メットにコンコン、膝下にも結構当たってる感。
うーん、やっぱり日が落ちてから走ると虫が集まってくるなぁ。

19時半頃、道の駅・かまえに到着。
最終チェックの警備の方が帰られたのを確認し、設営完了。
トイレ綺麗。
遊具のある公園的な場所に張るのが正解かもしれないが、
全方向から攻撃を受ける無防備な状態は私には不安しかない。
建物に寄り添い、かつ屋根の下が一番安心です。

ボチボチ記録作業を行うも、今日はなんだか記憶力が無い様子。
ほとんど覚えてないので苦労しつつ書き上げ、
テント内でもネット繋がるので調べものしてたりで、
結局寝たのは24時頃となってしまいました。

【記録】
 走行距離:211km
歩数:9,495歩
 【支出】計3,382円
ガソリン:768(L記載なし)
食費:2,115


 

Posted by しょうこ at 06:48 | 2016:日本一周 | comments(3) | -

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

  • 上陸【11日目】英彦山→福岡南部の知人宅
    K (08/22)
  • 上陸【11日目】英彦山→福岡南部の知人宅
    コータロー (08/22)
  • 登山【雲取山】鴨沢ピストン:小袖乗越→七ツ石小屋→小雲取山→雲取山
    しょうこ (08/16)
  • 登山【雲取山】鴨沢ピストン:小袖乗越→七ツ石小屋→小雲取山→雲取山
    SA (08/12)
  • 上陸【9日目】九重連山(久住・中岳)→道の駅うきは
    しょ (08/09)
  • 装備リスト
    しょ (08/09)
  • 上陸【7日目】白川水源・上色見熊野座神社・阿蘇神社・あか牛丼・草千里ヶ原→道の駅阿蘇
    しょ (08/09)
  • 上陸【9日目】九重連山(久住・中岳)→道の駅うきは
    すかい (08/09)
  • 装備リスト
    Wの人 (08/08)
  • 上陸【7日目】白川水源・上色見熊野座神社・阿蘇神社・あか牛丼・草千里ヶ原→道の駅阿蘇
    道産子 (07/24)

Link

  

使用アイテム ※後継含む

↑North Eagle(ノースイーグル) テント
 イーグルツーリングドームライト NE1213

設営簡単、値段も大きさも丁度良い。


↑ナンガ(NANGA) ダウンバッグ450STD レギュラー 日本製 [最低使用温度-4度]

寒がりですが、これはめちゃくちゃ暖かい!


↑イスカ(ISUKA) ピークライトマットレス 165 インディゴ

銀マットに比べて寝心地の良さが雲泥の差!長旅は睡眠の質が重要。


↑イワタニ(Iwatani) カセットガス ジュニアバーナー CB-JCB



↑モンベル(mont-bell) アルパインクッカー14

一人分ならサイズも手ごろでコンパクト。愛用。


↑ CHUMS(チャムス) ホットサンドイッチクッカー

早い・安い・美味いホットサンドを作れる。革命的。


↑スノーピーク(snow peak) チタンシングルマグ 300ml

コミュニケーションツールとしてもコップは必須だと思う。


↑キャプテンスタッグ フライパン ハイフロン加工

餃子、ソーセージ、肉が焼けます!


↑GENTOS(ジェントス) エクスプローラー EX-837NX

ランタンとして置いて・吊下げ両用、ヘッドを外したら懐中電灯にもなる。色味も良く愛用。


↑パワーアド(Poweradd) Pilot 2GS 10000mAhモバイルバッテリー 2ポート

コスパがめちゃくちゃ良い


↑ラチェット式ベルト荷締機 ショート ERT-25SSR 2本

コンテナボックスと防水バッグの固定用。
転倒してもズレ無し、取り外しも簡単。荷物固定の必需品。


↑バーゴ(VARGO) ヘキサゴン ステンレス