2017.03.07 Tuesday | 登山 |

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
登山【塔ノ岳2】大倉→バカ尾根→山頂→大倉

お休みがあったので再び登ってきました(´・ω・`)


↑ちなみに天気予報。

GPVによると朝から曇り。どんどん分厚くなりそうなので、朝一の早い時間に登ろうと計画。
今回は景色は期待せず、登山練習のつもりです。なのでルートは前回と同じ。

渋沢駅6:48発のバスに乗り、大倉へ。
同じバスで登山客は10人くらい。ほとんどソロの模様。


↑大倉バス停。準備体操とトイレ。


↑天気はこんな感じ、7:15スタート。


↑塔ノ岳まで6.4km。この黄色の看板がルートの目印です。



天気の良い週末だった前回と違って、人はほとんどいない。

しかし、あのリンシャンと鈴の音が苦手でなんかイライラするんだけど、
致し方ないのかな、なんなのかな。
かなり遠くからも音が響くので、後ろにいると急かされてる感じがするし、
前にいると近付きたくないからペース落としたくなるし…。
静かに登りたいよぅ(´;ω;`)


↑視界が段々悪くなってくる。

登り始めは4人くらいいたものの、最初の1時間(雑事場ノ平あたりまで)でバラける。
というか、ここに至るまでは鈴の音にペースを乱されて、すでにちょっと疲れてしまう。


↑霜柱がたくさん!ぐねぐね曲がってて面白い。

雪は無いけれど、霜柱や、泥状態のまま地面が凍っている場所が時々。
人の足跡がたくさん残った泥かな?と思って、沈み込むと思って足乗せたらガチガチに凍っていたりね…。


↑進行方向左手側は、時々雲が晴れて青空が覗く。

8:55 堀山の家まで到着。
ペースの同じくらいのおじさんが後ろにいたけれど、いつの間にか一人ぼっちになっていた。


↑視界がどんどん白くなる。

途中で雨が降ったり、視界が悪くなったら諦めて下山するという自分ルールは決めてきた。
だもんで、この視界に一瞬迷う(´・ω・`)
道は確実に合っているのは自信があったので、もう少し様子を見る事に。


↑雪というか霜で白くなっている登山道。
 

↑9:35 花立山荘到着!


↑真っ白!

残り30分くらいのはずなので、ちょっとおにぎり休憩。
もう少し早めに補給してもよかったかなぁ…。
今日は仕事の合間の休みなので、疲れが残ってるのかどうも身体が動かない。

あわよくば鍋割山か丹沢山まで行けないかなぁと思ってたけれど、無理だろうなァ(´・ω・`)


↑お!

そんなに風が強くは感じないのだけれど、少しするとちょっとずつ視界が晴れてきた。
ここまでの登山道の様子だと、前回ほど雪も残って無さそうだし…よし、行けるだろう!


↑雪は無いけれど、なんだか目の前の山頂の木が白いぞ…?




↑ん??なんだあれは。

この標高で3月に桜なわけないし、梅のわけもないし…



近付いてみると…



枝に雪が積もってるんじゃなくて、霜柱みたいな層状のものが凍っているみたいだ。


↑これとか、枝が白い霜にくるまってる感じ。


↑木道が白い木々の下を通っていく。
写真で見返すと、この世じゃないみたいだ(・∀・)





えええ、ふしぎー!!でも綺麗!すごいー!!
と、めっちゃ写真撮ってたんですけど、
多分はしゃぎまくってた心の声が漏れてたんだと思うんですよね…。

良いタイミングだね

後ろから来ていたおじいさんに声を掛けられる。

これすごいですね!なんですか?雪が積もってるんじゃなくて、霜柱みたいな
ムヒョウな
ムヒョウ?
霧の氷って書いて霧氷。いつもはここら一面、もっとすごいんだよ
へえー!でも今も十分すごいんですけど!初めて見ました!
そうか、それはよかったな、良いもん見れただろ。もっと遅かったら無くなってたよ

言ってるそばから、白い霧氷がボトボトと木から落ちていく。

これ溶けてるんですか…!よかった、朝一で登ったかいがあった…!

おじさんとは登りながら少し話したものの、
カメラ片手にもたもたしている私をあっという間に追い抜いて行った。

そういえば、旅終わって関東戻ってきたからか、言葉遣いが敬語に戻りました。笑
旅中はタメ口で話しかけられたらタメ口でしたからねぇ。


↑確かに日本の写真なんだけども、日本じゃないみたいー!


↑あれ??猫がいるよ?


↑ここ標高1400mはあるのに(( ;゚Д゚))

一体どこから来た猫なのかわからんけど…人慣れしてたから山小屋の猫なのかな…?


↑とりあえず、10:30に塔ノ岳登頂!


↑誰もいません!

私以外には男性ソロが2人くらいかな。
前回の反省を活かし、まずは真っ先に上着を着込む!
吹きっ晒しで風強い!
フリースにダウンを着て完全防備、するも寒いぃぃぃぃぃ耳がいたたた(´;ω;`)
だから今日は誰も外で休憩してないんだな…。
山小屋には人がいるっぽいんだけど、頂上に滞在する人は少ない。
新しく到着した人も、すぐどっかにいなくなってた。

私はというと!
この景色を前に大騒ぎでござる!






↑クリックでパノラマ的な。だいぶ繋ぎ目怪しいですけど。笑



人がいないのを良い事に、すごい走り回っては独り言で大騒ぎしたわ。



とはいえ、さすがにめちゃくちゃ寒いので、
おにぎりとおやつ食べて30分程したら下山開始。
鍋割山への道は凍結も無さそうで歩けそうだったけど、
体力的な不安があるので、今日は同じルートで下山する事に。


↑すぐに白くガスってしまった。

あとはもうわき目もふらずにまっすぐおりて、12:55に大倉バス停へ。

汗かいたわりには喉が乾かなくて、お茶を1L持ち歩いていたのに、飲んだの200mlだけだった。
帰る途中でちょっと脱水症状みたいな頭痛と気持ち悪い感じになってしまったので、
次からちゃんと、喉が乾かなくてもこまめに水分摂らなくちゃなという反省。

あとやっぱり登山は体力使うんだなって実感。
前回は万全の状態で挑んだから全然元気だったけど、
今回は疲れが残ってる状態だったからか、登ってる途中で体力が少し心配だった。
やっぱり標高差1200mは甘くみたらいけないね。

いやーしかし今回は景色を期待してなかった分、すごい良いもの見れたし楽しかった!

* * * * * * * * * *

◆所要時間:5時間30分
コースタイム:310分(350) 標高 290→1490→290

7:15 大倉(バス停)290m
↓ 40(40)
7:55 雑事場ノ平
↓7:57 見晴茶屋
↓8:33 駒止茶屋
↓ 大倉尾根
↓ 60(70)
8:55 堀山の家
(休憩 5分)
↓ *(25)
天神尾根分岐
↓9:35 花立山荘
(休憩 5分)
↓ 70(50)
10:05 金冷シ
↓ 25(25)
10:30 山頂 1490m
(休憩 30分)
11:00
↓ *(15)
↓ 金冷シ
↓ *(35)
↓11:18 花立山荘
天神尾根分岐
↓ *(15)
↓12:00 駒止茶屋
↓ *(50)
雑事場ノ平
↓ *(25)
12:55 大倉(バス停)290m

天神尾根分岐がどこだかわからないんだよなぁ…。
下りの記録サボりっぷりが酷い。

◆装備
速乾半袖Tシャツ+パーカ+フリース+ウルトラライトダウンとCW-Xと短パン。
→結局、半袖T+パーカーで登山。下山時フリース着用、ダウンは頂上のみ。
念の為:ネルシャツ・雨合羽
おにぎり2つ+アルフォート
お茶600ml(予備500ml)→200mlしか飲んでおらず帰宅後脱水症状。

Posted by しょうこ at 00:35 | 登山 | comments(3) | -

2017.01.30 Monday | 登山 |

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
登山【塔ノ岳】大倉→バカ尾根→山頂→大倉
天気が良い土日!

前回のブロガーおいちゃんの「塔ノ岳?全然登れるよー!」という言葉に、
登ってみたい衝動に駆られたので、筋肉痛も治まったし登ってきました。

今回は標高差1,200mとなかなかの登山なので、一番簡単に、往復同じルートを辿ります。

渋沢駅7:07発のバスに乗り、大倉へ。



電車乗ってた時から予感はしてましたが、すでにすごい人…!
トイレ行ったり準備体操して、7:40スタート!


↑最初は舗装路、徐々に登山道らしくなっていきます。

うーん、人が多いなぁ。
なんとなくペースが掴みづらい。
道がそんなに広くないので、追い抜き、抜かされのタイミング考えたりしてると、
思ったより息があがってたり、抜かせなくてじりじりしてきたり。


↑「コンパスと地図を確認するクセをつけなさい」と言われたので持って来たものの、
なかなか人が多くて、立ち止まったりするのを躊躇する。

私が立ち止まってる間に、さっき抜かした人が先に行って、またあとで抜くのってきまずくない?(´・ω・`)
前後見渡しても常に人が10人以上は視界に入る。
道に迷う心配は無いけど、気を使う〜〜〜(つД`)
結構、立ち止まったり独り言が多いみたいなので、前後に人がいるとすごく窮屈というか…。

先日のアシタカごっこに始まり、なんか面白い石とか見つけたら一人でブツブツ話してるし、
ふと突然キョロキョロして周り見渡してみたり(ペースがガタ落ち)、
ちょっと写真撮ろうかなとか、鳥とか見かけたら喋るタイプなので…。

見晴茶屋あたりまで来ると、徐々にペースがバラけて歩きやすくなってくる。


↑そして結構急な階段と坂道が続く。

序盤からしっかり登っていく道で、傾斜もあるしさすが標高差1200mだなと思う。


↑これ奇跡的に誰も写って無い。

時々、平坦な道もあって、こういう所歩くと鎌倉のハイキングコースみたい。


↑駒止茶屋

日差しがあるからか結構暑い。
半袖に薄手のパーカー、時々フリース羽織るくらいで十分でした。



木々の間から眺めると、結構登って来た事を実感。


↑9:15 堀山の家でちょっと休憩。続々と登山者が登ってくる。


↑お、今日も富士山が見えそうですね!


↑雪が見えてきました。


↑下界はガスって見えないですねェ。


↑展望開けてめっちゃ気持ち良い!

でも地味にきつかった!大腿四頭筋がヒィコラ言ってる。


↑10:00 花立山荘到着!

地図を見るとあともう少しのようなので、一度おにぎりタイム。
最後の登りの前に一度休憩取るべしって思い出したんです。
おっちゃんに話しかけられる。

ジーパンじゃ動きにくいでしょ
やー、そですね、次はズボンとかウェア揃えたいですね〜
まぁ最初は靴だもんねぇ
そうなんですよー

今日は丹沢山までの往復登山を予定しているというおっちゃん。
山の位置関係や、雪の状態など教えてもらう。
塔ノ岳までならアイゼンは無くても大丈夫らしい。

じゃ、また山頂で!
追い付かないかも〜
ハハハ、あと30分くらいだから余裕でしょ


↑山頂がこんにちはの瞬間(*'∀')=3


↑雲ひとつない!山頂の景色が楽しみだ!


↑さっきのおっちゃん、雪無いって言った…!(´;ω;`)ブワッ

雪がガチガチに固まってて、積った雪じゃなくて凍った雪。
大丈夫かなと思って乗ったらズボッと踏みぬくし、土かなと思ったら氷の上に薄く土被ってただけだったり。

今日は1回なら滑って転んでもイイ、という自分ルールを胸に、慎重に足を運ぶ。
まぁ滑らなかったけどね!(・∀・)
ゴム先が刺さらないのでポールの意味無い。ほぼ手に持って歩く。
トレッキングポールは母からもらった1本だけ持ってる。


↑10:40 塔ノ岳1490m登頂!

おー、早かったじゃん。写真撮ったげるからそこ立ちな
ありがとう〜
代わりにオレのも撮ってな
そっちが目的ww

おっちゃんの写真を撮ってたら5人くらいから写真撮って下さいとカメラ渡される。
いやー、確かにこの山頂と自分と富士山の写真は良い記念になるね!
髪ボサボサだったから載せないけどね!笑


↑おっちゃんが甘酒くれたー!モンベルの魔法瓶が80℃を10時間キープできるらしい。

山頂はめちゃくちゃ寒い!
風は無いけど、動かなくなると急激に冷え込む。
慌ててフリースとダウンを着込む。
もし風吹いてたらと考えると恐ろしい(( ;゚Д゚))

ここでもおっちゃんが見える山の名前を教えてくれた。
写真じゃなかなか写らないので記憶の中に。


↑富士山と宝永山はすぐにわかる。




↑グローブなんてシャレた物持ってない。軍手に指無し手袋の重ね技。指先がヤバい冷える。




↑頂上はひらけてて、思い思いにランチタイム。
カップラーメン率が多かった気がする。やっぱり温かい物食べたいよねェ〜。


↑奥が大山、右の手前が三ノ塔。


↑下界は完全にガスってて、肉眼でもわからんなー。



今日もメガネを持ってきたので、思う存分景色を堪能。
見渡すと結構山が多くて、電車とバスで家から1時間くらいなのに、意外と山が多いんだなァって知った。
今まで全く山に興味が無かったからねェ。



ここからどうするの?
今日はここが目的地だから、同じルートで帰って寝る
もう寝るのかい
寝るわw疲れたw鍋割山行こうかと思ったけど、道悪そうだしやめとく
ああ鍋割山ね
お父さんはこれから丹沢山でしょ?気をつけてな〜
一緒に行く?すぐだよ(´・ω・`)
……いやいや。初心者は冒険しないって決めたんです
そんな難しい道じゃないし
あかんて!私すぐ調子乗るタイプなん、今日はルート変えないって決めて来たんだって!
そっか。まぁここからすぐの道が結構危ないしね
危ないんじゃん!笑

塔ノ岳山頂から北側にくだる道が、傾斜が急で雪も深いみたいです。
うん、今日は大人しく帰りましょう。


↑鍋割山経由も考えたんだけど、この道なので今日は大人しく帰ろうと思う。



登りの人口密度に比べると、下りはかなりすいてる印象。
膝を気にしつつ、ザクザクくだります。



同じルートなので、特に目新しい事もなく。
帰りは人も少なくて調子よく下ってこれました。
楽しい登山道なので、また行きたい(*´Д`*)

* * * * * * * * * *

◆所要時間:6時間00分
コースタイム:305分(350) 標高 290→1490→290

7:40 大倉(バス停)290m
↓ *(40)
雑事場ノ平
↓8:20 見晴茶屋
↓8:50 駒止茶屋
↓ 大倉尾根
↓ 95(70)
9:15 堀山の家
↓ *(25)
天神尾根分岐

10:00 花立山荘
(休憩 5分)
10:05
↓ *(50)
金冷シ
↓ 80(25)
10:40 山頂 1490m
(休憩 50分)
11:30
↓ *(15)
↓ 金冷シ
↓ *(35)
↓12:00 花立山荘
天神尾根分岐
↓ 60(15)
12:30 堀山の家
↓12:46 駒止茶屋
↓ *(50)
雑事場ノ平
↓ 70(25)
13:40 大倉(バス停)290m

コースタイム確認するべき場所で記録取ってなくて、
わかりにくいタイム表記になってしまいましたわ…。

◆装備
速乾半袖Tシャツ+パーカ+フリース+ウルトラライトダウンとデニムパンツ
念の為:ネルシャツ・雨合羽
おにぎり2つ+アルフォート+ビスコ
お茶600ml(予備500ml)

Posted by しょうこ at 11:47 | 登山 | comments(5) | -

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Link

  

使用アイテム ※後継含む

↑North Eagle(ノースイーグル) テント
 イーグルツーリングドームライト NE1213

設営簡単、値段も大きさも丁度良い。


↑ナンガ(NANGA) ダウンバッグ450STD レギュラー 日本製 [最低使用温度-4度]

寒がりですが、これはめちゃくちゃ暖かい!


↑イスカ(ISUKA) ピークライトマットレス 165 インディゴ

銀マットに比べて寝心地の良さが雲泥の差!長旅は睡眠の質が重要。


↑イワタニ(Iwatani) カセットガス ジュニアバーナー CB-JRB-3



↑モンベル(mont-bell) アルパインクッカー14

一人分ならサイズも手ごろでコンパクト。愛用。


↑チャムス(CHUMS)ホットサンドウィッチクッカー/CH62-1039

早い・安い・美味いホットサンドを作れる。革命的。


↑GENTOS(ジェントス) エクスプローラー EX-837NX

ランタンとして置いて・吊下げ両用、ヘッドを外したら懐中電灯にもなる。色味も良く愛用。


↑パワーアド(Poweradd) Pilot 2GS 10000mAhモバイルバッテリー 2ポート

コスパがめちゃくちゃ良い


↑ラチェット式ベルト荷締機 ショート ERT-25SSR 2本

コンテナボックスと防水バッグの固定用。
転倒してもズレ無し、取り外しも簡単。荷物固定の必需品。


↑バーゴ(VARGO) ヘキサゴン ステンレス