2017.07.20 Thursday | 登山 |

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
登山【天城山】天城高原ゴルフ場→万二郎岳→万三郎岳→涸沢分岐→ゴルフ場
とある休日。
朝起きたらやけに快晴じゃないか。

…ツーリング行こう(*'∀')=3

時刻は8時。
お昼のうどんを食べに行こうか迷うものの、
吉田うどんは好きじゃないし、ほうとうはシーズンじゃないしな(;´Д`)
そういえば天城山そのうち登ろうと思って調べてたっけ。
たぶん4時間で往復できる山だから、登山口に昼に着くなら登れるか。

伊豆の海岸線はあまり走った事ないから、とりあえず行ってみるかな(´・ω・`)
黒のホムセン箱に、ザックと登山靴とトレッキングポール全部入った(・∀・)
一応、バイク乗るので往復はライディングブーツです。

登山の準備をして9時に出発。
下道で進むも結局道に迷い、小田厚道路を経由して国道135へ。
小田厚は速度超過で数回捕まってますので、
今日は制限速度を超え過ぎないよう気をつけます´ω`)ノ

小田厚道路を走っている間は、箱根方面は分厚い雲が被っていて、
もしかして雨降ってるんじゃ…?というレベルの黒さ。
まぁ駄目だったらツーリングだけして帰ろうとは思っていたものの、
伊豆方面へ入るとともに、天気は快晴となる。

コンビニでお茶と食料を購入し、晴天の海岸線を気持ちよく駆け抜ける。
交通は流れているからジリジリ焼かれる事もなく、
時々標高をあげたりさげたり、涼しいとは言わないけれど、まぁ快適な気温でした。

しかし、右手に見える山々はすっかり雲が被っている。
やっぱり夏は朝一で登らないと駄目なんだろうなぁ( ´,_ゝ`)

さて、ナビの到着予定通り、
天城高原ゴルフ場へは12時前に到着。
ゴルフ場の手前に登山口と登山客用駐車場があり、車が3台程停まっている。
雲が多いけど、登ってる人もいるみたいだし、まぁ大丈夫だろう。
お腹減ったのでおにぎりを一個食べつつ、準備体操とトイレを済ませる。


↑天城縦走路入り口は駐車場の向かい側。12時出発!


↑ちなみに今回のルートは赤点線のシャクナゲコース。縦走はせずに、駐車場に戻ってきます。

コースタイムは3時間半らしい。
今から登ると、16時くらいに戻ってくる事になるのか…。
ちょっと急がなくちゃ。夕立とか嫌だし。


↑林の中を登山道が続く感じなのかな?

登山道を見失いそうになって、ちょっと気をつけて登る事に。
考え無しに足を進めると、うっかり登山道から外れそうだ。
目印の看板や赤テープをつねに探しながら、
わからなくなったらきちんと立ち止まって確認するようにして進む。

初めての山というのはこういう緊張感があるんだな(´・ω・`)
下山中の人にすれ違う。ちょっと焦ってペースを上げ過ぎてしまう。

ゆるやかなハイキングコースみたいな所が多いのかと思ったら、
急に坂と階段が現れ一気にのぼる模様。が、緑が多過ぎて展望は無い。


↑12:30に万二郎岳(1,299m)登頂!


↑こんな感じの広場で唐突に山頂標識があった。


↑ちょっと開けてる場所も霧で何も見えない…(;´Д`)

ミクさんのブログだと結構展望が見えたりもしたようで…
天気良い時に登ればまた違うのかもしれないですね。やはり早朝アタック…(´・ω・`)

霧もすごいし、空は完全に曇り。
人の気配も少ないし、登山道を間違えないように気をつけて登らなくちゃ。
登り始めは、ここまで着いたらUターンする選択肢も考えていたのですが、
やっぱり、せっかく来たら行きたいじゃない!!(*'∀')=3

しかし、なんだかグイグイくだっていくので、また改めてのぼりがあるんだろうなァ。
ペース調整して、歩幅を小さく、喋り続けられる余裕を意識して進む。


↑また結構長い距離をこんな平坦な道が続く。

虫と鳥の大合唱。と、虫アタックがすごい。
目の中とか耳の中とか、おまえらもうちょっと前見て飛んでくれや(^ω^)

12:50馬の背へ到着。


↑展望…(;´Д`)


↑アセビのトンネルだったかな?ちょっとぬかるんでて滑る。

13:05石楠立(はなだて)


↑なかなか躊躇する霧。もうずっと森の中。


↑可愛い



両サイドの茂みが育ち過ぎて、
あーこれ肩で枝葉を押し広げて通らないとあかんやつや…ってところが数か所。
展望も無いし、あんまりご機嫌なルートじゃないなぁ。
帰り違うルートにしたいなぁ…。


↑13:25 万三郎岳(1,406m)天城山最高峰、登頂!展望…無し!!
森の中のちょっとしたベンチスペースみたいな感じ。開けていない。

山頂で休憩していた男性としばし談笑。
東京から車中泊で来たらしく、昨日は海に行ったから今日は山に、という事らしい。
雲取山がおススメですよ!との事。

当初は山頂からは同じルートで帰ろうかと思っていたんだけど、
アップダウン多いしあんまり楽しい登山道でもないので、
涸沢分岐経由で行く事にする。
東京の男性に、知ってたらどんな道か教えてもらおうと聞いたら、
彼も今日初めてそっちのルートに行くという。
駐車場も一緒なので、あとでまた会うだろうな。

早く帰りたいので(´・ω・`)10分くらいの休憩で下山開始。

こちらのルートは高低差があまりなさそうだと思っていたんだけど、
最初に一気にくだるんですね。


↑結構急な階段なんですよ。膝にきそう。


↑下り終わると、延々と山の斜面を横移動する感じ。

水の無い沢みたいな岩場に出ると、高い確率で登山道を見失う。
赤いテープとか登山道を示すロープを探して、迷わないように注意。
今日は登山道から外れない為の訓練なのかなぁ。


↑登山道には目印としてこのマークがありました。


↑なかなか良い感じの登山道だが、ちょっと飽きてきちゃった☆彡

14:00 涸沢分岐点


↑岩がゴロゴロ。水が無いから涸沢っていうのかな。

15時ちょうど、下山完了。
あんまり楽しい登山では無かったかなぁ。
今日は登山道の目印を自分で探しながら進むという練習だったという事で。
やはり本当はいつもツーリングで通っている天城トンネル側(西側)から、
縦走をしてみたいので、いずれ計画的にリベンジしましょう。

ゴルフ場で登山バッジを購入し、駐車場へ。
車はほとんど帰っていて、バイク以外には一台だけになってた。東京の男性の車かな。
遠目からでもあんまり車中泊っぽい雰囲気が無いので(荷物感とか)
連休があったら車中泊タイプか。マキちゃんみたいな旅人ではなさそうだ。
コーラ飲んで休憩してたら、途中で追い抜いたご夫婦と東京の男性も無事下山。
再び男性と談笑。

今日はどこ泊まるんですー?
いやいや、今日は帰りますよ〜笑

長期の休みが取れたらアルプスとか行きたいとか言ってたから、普段は勤めている人ですね。
吉祥寺に住んでるらしく、ここから帰るの結構しんどいですよねぇ〜という話をして。
いつ行っても晴れてる山もあれば、いつ行っても雲ってしまう山もある。
彼にとっては天城山は毎回曇りの山らしい。

さて、暗くなる前&渋滞する前に帰りたいので、男性に挨拶して先に撤収!
ご夫婦は徒歩で坂の下へと歩いていった。どっか別の場所に車停めたのかしら??

帰りは小田原から高速で一気に帰宅。
昼は半袖にメッシュジャケットで丁度良かったですが、
帰りは間に長袖一枚入れて丁度良かったですね。汗で冷えたのもあるけど。
途中から足が痛くて…タイツ脱ぎたい(;´Д`)

そんな感じで、帰りもノンストップで100km運転。
18時には自宅到着しました。

さて、自宅から100km圏内は日帰り登山可能という事ですね!(*'∀')=3
計画的に早朝出るか、もしくは前夜から近くで泊まっておけば、
丹沢以外の山にもアタックできそうです。
ヒルがいるから当分は丹沢登る気無いですよ(・∀・)
雲取山も調べておきましょか!お疲れ様でした!

Posted by しょうこ at 23:22 | 登山 | comments(0) | -

2017.03.07 Tuesday | 登山 |

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
登山【塔ノ岳2】大倉→バカ尾根→山頂→大倉

お休みがあったので再び登ってきました(´・ω・`)


↑ちなみに天気予報。

GPVによると朝から曇り。どんどん分厚くなりそうなので、朝一の早い時間に登ろうと計画。
今回は景色は期待せず、登山練習のつもりです。なのでルートは前回と同じ。

渋沢駅6:48発のバスに乗り、大倉へ。
同じバスで登山客は10人くらい。ほとんどソロの模様。


↑大倉バス停。準備体操とトイレ。


↑天気はこんな感じ、7:15スタート。


↑塔ノ岳まで6.4km。この黄色の看板がルートの目印です。



天気の良い週末だった前回と違って、人はほとんどいない。

しかし、あのリンシャンと鈴の音が苦手でなんかイライラするんだけど、
致し方ないのかな、なんなのかな。
かなり遠くからも音が響くので、後ろにいると急かされてる感じがするし、
前にいると近付きたくないからペース落としたくなるし…。
静かに登りたいよぅ(´;ω;`)


↑視界が段々悪くなってくる。

登り始めは4人くらいいたものの、最初の1時間(雑事場ノ平あたりまで)でバラける。
というか、ここに至るまでは鈴の音にペースを乱されて、すでにちょっと疲れてしまう。


↑霜柱がたくさん!ぐねぐね曲がってて面白い。

雪は無いけれど、霜柱や、泥状態のまま地面が凍っている場所が時々。
人の足跡がたくさん残った泥かな?と思って、沈み込むと思って足乗せたらガチガチに凍っていたりね…。


↑進行方向左手側は、時々雲が晴れて青空が覗く。

8:55 堀山の家まで到着。
ペースの同じくらいのおじさんが後ろにいたけれど、いつの間にか一人ぼっちになっていた。


↑視界がどんどん白くなる。

途中で雨が降ったり、視界が悪くなったら諦めて下山するという自分ルールは決めてきた。
だもんで、この視界に一瞬迷う(´・ω・`)
道は確実に合っているのは自信があったので、もう少し様子を見る事に。


↑雪というか霜で白くなっている登山道。
 

↑9:35 花立山荘到着!


↑真っ白!

残り30分くらいのはずなので、ちょっとおにぎり休憩。
もう少し早めに補給してもよかったかなぁ…。
今日は仕事の合間の休みなので、疲れが残ってるのかどうも身体が動かない。

あわよくば鍋割山か丹沢山まで行けないかなぁと思ってたけれど、無理だろうなァ(´・ω・`)


↑お!

そんなに風が強くは感じないのだけれど、少しするとちょっとずつ視界が晴れてきた。
ここまでの登山道の様子だと、前回ほど雪も残って無さそうだし…よし、行けるだろう!


↑雪は無いけれど、なんだか目の前の山頂の木が白いぞ…?




↑ん??なんだあれは。

この標高で3月に桜なわけないし、梅のわけもないし…



近付いてみると…



枝に雪が積もってるんじゃなくて、霜柱みたいな層状のものが凍っているみたいだ。


↑これとか、枝が白い霜にくるまってる感じ。


↑木道が白い木々の下を通っていく。
写真で見返すと、この世じゃないみたいだ(・∀・)





えええ、ふしぎー!!でも綺麗!すごいー!!
と、めっちゃ写真撮ってたんですけど、
多分はしゃぎまくってた心の声が漏れてたんだと思うんですよね…。

良いタイミングだね

後ろから来ていたおじいさんに声を掛けられる。

これすごいですね!なんですか?雪が積もってるんじゃなくて、霜柱みたいな
ムヒョウな
ムヒョウ?
霧の氷って書いて霧氷。いつもはここら一面、もっとすごいんだよ
へえー!でも今も十分すごいんですけど!初めて見ました!
そうか、それはよかったな、良いもん見れただろ。もっと遅かったら無くなってたよ

言ってるそばから、白い霧氷がボトボトと木から落ちていく。

これ溶けてるんですか…!よかった、朝一で登ったかいがあった…!

おじさんとは登りながら少し話したものの、
カメラ片手にもたもたしている私をあっという間に追い抜いて行った。

そういえば、旅終わって関東戻ってきたからか、言葉遣いが敬語に戻りました。笑
旅中はタメ口で話しかけられたらタメ口でしたからねぇ。


↑確かに日本の写真なんだけども、日本じゃないみたいー!


↑あれ??猫がいるよ?


↑ここ標高1400mはあるのに(( ;゚Д゚))

一体どこから来た猫なのかわからんけど…人慣れしてたから山小屋の猫なのかな…?


↑とりあえず、10:30に塔ノ岳登頂!


↑誰もいません!

私以外には男性ソロが2人くらいかな。
前回の反省を活かし、まずは真っ先に上着を着込む!
吹きっ晒しで風強い!
フリースにダウンを着て完全防備、するも寒いぃぃぃぃぃ耳がいたたた(´;ω;`)
だから今日は誰も外で休憩してないんだな…。
山小屋には人がいるっぽいんだけど、頂上に滞在する人は少ない。
新しく到着した人も、すぐどっかにいなくなってた。

私はというと!
この景色を前に大騒ぎでござる!






↑クリックでパノラマ的な。だいぶ繋ぎ目怪しいですけど。笑



人がいないのを良い事に、すごい走り回っては独り言で大騒ぎしたわ。



とはいえ、さすがにめちゃくちゃ寒いので、
おにぎりとおやつ食べて30分程したら下山開始。
鍋割山への道は凍結も無さそうで歩けそうだったけど、
体力的な不安があるので、今日は同じルートで下山する事に。


↑すぐに白くガスってしまった。

あとはもうわき目もふらずにまっすぐおりて、12:55に大倉バス停へ。

汗かいたわりには喉が乾かなくて、お茶を1L持ち歩いていたのに、飲んだの200mlだけだった。
帰る途中でちょっと脱水症状みたいな頭痛と気持ち悪い感じになってしまったので、
次からちゃんと、喉が乾かなくてもこまめに水分摂らなくちゃなという反省。

あとやっぱり登山は体力使うんだなって実感。
前回は万全の状態で挑んだから全然元気だったけど、
今回は疲れが残ってる状態だったからか、登ってる途中で体力が少し心配だった。
やっぱり標高差1200mは甘くみたらいけないね。

いやーしかし今回は景色を期待してなかった分、すごい良いもの見れたし楽しかった!

* * * * * * * * * *

◆所要時間:5時間30分
コースタイム:310分(350) 標高 290→1490→290

7:15 大倉(バス停)290m
↓ 40(40)
7:55 雑事場ノ平
↓7:57 見晴茶屋
↓8:33 駒止茶屋
↓ 大倉尾根
↓ 60(70)
8:55 堀山の家
(休憩 5分)
↓ *(25)
天神尾根分岐
↓9:35 花立山荘
(休憩 5分)
↓ 70(50)
10:05 金冷シ
↓ 25(25)
10:30 山頂 1490m
(休憩 30分)
11:00
↓ *(15)
↓ 金冷シ
↓ *(35)
↓11:18 花立山荘
天神尾根分岐
↓ *(15)
↓12:00 駒止茶屋
↓ *(50)
雑事場ノ平
↓ *(25)
12:55 大倉(バス停)290m

天神尾根分岐がどこだかわからないんだよなぁ…。
下りの記録サボりっぷりが酷い。

◆装備
速乾半袖Tシャツ+パーカ+フリース+ウルトラライトダウンとCW-Xと短パン。
→結局、半袖T+パーカーで登山。下山時フリース着用、ダウンは頂上のみ。
念の為:ネルシャツ・雨合羽
おにぎり2つ+アルフォート
お茶600ml(予備500ml)→200mlしか飲んでおらず帰宅後脱水症状。

Posted by しょうこ at 00:35 | 登山 | comments(3) | -

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

  • 上陸【7日目】白川水源・上色見熊野座神社・阿蘇神社・あか牛丼・草千里ヶ原→道の駅阿蘇
    道産子 (07/24)
  • 上陸【5日目】都農神社・高千穂峡・高千穂神社・通潤橋→道の駅美里 佐保の湯
    しょ (07/17)
  • 上陸【5日目】都農神社・高千穂峡・高千穂神社・通潤橋→道の駅美里 佐保の湯
    道産子 (07/11)
  • 【105日目】(沈没)道の駅パパスランドさっつる・オホーツク清里虹色うどん
    しょうこ (07/02)
  • 【102日目】→美幌峠・屈斜路湖・900草原・摩周湖→道の駅パパスランドさっつる
    しょ (07/02)
  • 【105日目】(沈没)道の駅パパスランドさっつる・オホーツク清里虹色うどん
    道産子 (06/30)
  • 【102日目】→美幌峠・屈斜路湖・900草原・摩周湖→道の駅パパスランドさっつる
    道産子 (06/30)
  • 上陸【2日目】桜島・開聞岳・鹿児島ラーメン→道の駅霧島
    しょ (06/26)
  • 上陸【2日目】桜島・開聞岳・鹿児島ラーメン→道の駅霧島
    すかい (06/25)
  • 上陸【2日目】桜島・開聞岳・鹿児島ラーメン→道の駅霧島
    しょ (06/24)

Link

  

使用アイテム ※後継含む

↑North Eagle(ノースイーグル) テント
 イーグルツーリングドームライト NE1213

設営簡単、値段も大きさも丁度良い。


↑ナンガ(NANGA) ダウンバッグ450STD レギュラー 日本製 [最低使用温度-4度]

寒がりですが、これはめちゃくちゃ暖かい!


↑イスカ(ISUKA) ピークライトマットレス 165 インディゴ

銀マットに比べて寝心地の良さが雲泥の差!長旅は睡眠の質が重要。


↑イワタニ(Iwatani) カセットガス ジュニアバーナー CB-JCB



↑モンベル(mont-bell) アルパインクッカー14

一人分ならサイズも手ごろでコンパクト。愛用。


↑チャムス(CHUMS)ホットサンドウィッチクッカー/CH62-1039

早い・安い・美味いホットサンドを作れる。革命的。


↑GENTOS(ジェントス) エクスプローラー EX-837NX

ランタンとして置いて・吊下げ両用、ヘッドを外したら懐中電灯にもなる。色味も良く愛用。


↑パワーアド(Poweradd) Pilot 2GS 10000mAhモバイルバッテリー 2ポート

コスパがめちゃくちゃ良い


↑ラチェット式ベルト荷締機 ショート ERT-25SSR 2本

コンテナボックスと防水バッグの固定用。
転倒してもズレ無し、取り外しも簡単。荷物固定の必需品。


↑バーゴ(VARGO) ヘキサゴン ステンレス