2014.09.26 Friday | おでかけ |

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
鶴岡八幡宮 流鏑馬神事!

さて、先日Mt.Fujの情報により行ってきました流鏑馬

流鏑馬とは(wiki参照)
疾走する馬上から的に鏑矢(かぶらや)を射る、日本の伝統的な騎射の技術・稽古・儀式のことを言う。

鶴岡八幡宮では毎年3回行ってるそうで、今回行ったのは毎年9月16日で固定の日。
流鏑馬は人気行事なので、すごい人だという話はよく聞きます。
今年は平日だったのでまだ見やすいかなーなんて期待しつつ。

しかしネット上にも、写真は沢山あるのにタイムスケジュールとか見つからず、
公式サイトにも開始時間や場所とか詳細書いてなくて情報が少ない。
とりあえず行けば人がたくさんいるだろうから大丈夫だろうけど、
混雑の中でちゃんと観ることが出来るか心配でした。

まぁ心配しつつも、折角行くならまずは江ノ島を散策し、江ノ電に揺られて鎌倉へ。
Mt.Fujの下調べにより美味しいと評判の秋本へ向かう。
人気店らしく、開店から10分後くらいに着いたのにもう並んでる。
既に満席らしく、1時間待ってやっと入店。
江ノ島歩いてから来た2人は、お腹減り過ぎて無言だったわ。笑
しかし案内されてびっくり、店内狭い。客席が少ないのね。そりゃすぐ並ぶわーーー。


↑生しらす丼 1,260円

お腹減り過ぎてたのもあってかめっちゃ美味しい。雑味が無くて新鮮ー(*´∀`*)がっついちゃう
今までしらす丼ってそんなに魅力を感じてなかったんですけれど、
それは今まで美味しいしらすを食べてなかったんだ…!と感動するくらい美味しかった。

これスプーンで食べさせたら、確実にお店の回転率上がるよね…」って、
Mt.Fujが呟いてて、さすが目の付けどころが違うな…!って尊敬した。
確かに箸出すよりスプーン出したら皆もっと早く食べれるよねたぶん。
最後に温泉卵を混ぜて下さいって出されるんだけど、TKG状態になるのでスプーンが良さそう。

満足したところで鶴岡八幡宮へ向かう。
相変わらず人が多い。そして暑い。日差しがまさに夏。


↑アイスキャンディー320円

みかんジュースをそのまま凍らせたような、ジューシーで濃い味!
帰りに見たら売り切れでした。美味しかったーー(*´∀`*)

鶴岡八幡宮到着、参道がロープで閉鎖されてて人だかりが出来ている。
どうやら参道を突っ切るように会場?馬場?になるらしく、
本堂へは迂回路を通るよう看板が出ている。
しかし時間や見学の場所なんかは何も書かれていない…。
その場で待ちっぽい人もいるし、迂回路に向かう人もいるし…。
とりあず全体像を把握するために迂回路通って本堂行ってみるか。

舞殿あたりもロープが張られててその周りにやはり人だかり。
とかやってたらなんか関係者っぽいスーツの人達が通ったり慌ただしくなり、
なんかよくわからないうちに始まったっぽい。それっぽい装束の人が歩いてくる。


↑舞殿で鏑矢奉献やら天長地久之式とやらの儀式を行うようです。


↑暑い中、子供も長髪ウィッグ被って頑張ってました。


↑対岸が一般と関係者と入り乱れ過ぎてて面白かった。


↑わりと和やかなムード。


↑その頃、舞殿は。何かやってるけどほとんど聞こえない。


↑一般観光客もすごい勢いで写真撮ってた。


↑弓道やってたMt.Fujが立てかけてある弓について説明してくれたけどよくわからなかった。

正直何をやってるか全然わからなかったし、ロープ越しに遠巻きに見てただけです。
ここらでなんとなく会場の場所がわかってきたので、流鏑馬の観覧場所を探してさまよう。
基本的に全部立ち見なんですが、良い場所は関係者席とか招待客のエリアで入れない。
鶴岡八幡宮は木々が生い茂ってるので、結構近くまで行かないと全然見れないんだよねぇ。

皆考える事は一緒なのか、要所要所に警備の人が立ってて、
そこは入らないでください」「ここは立ち止まり禁止です」とか言ってた。
ていうかどこならOKやねん…。

それでもなんとか良い場所に出れた。
馬場の最後の方、3つ目の的から走路終わりまでの間、的側のエリアに紛れ込む。

報道関係のやぐらで的は見えないけれど、背伸びを頑張れば弓を引いてるのが見える位置でした。
まぁ初めてにしては良い位置だったと思いますよ。
うーんしかしこれじゃ見えないなーーーと諦めの気持ちでとりあえず見てたら。

間もなく出走します」「一の的、的中!」「二の的、的中!」って放送が流れ、
向こう側から射手の姿(上半身が)見えてきます。
そして矢を出してつがえ、弓を引いてピタリと姿勢を維持し、狙いをさだめ、射る!
当たった瞬間に響く音、と同時にあがる歓声、そして目の前を一気に駆け抜ける馬、
結構なスピード出してて、本当に一瞬って感じ。
馬の重量感にスピードも乗ってて、迫力満点!
いやーーーこれすごい…!結構小石飛んでくるみたいで、前の人は気を付けないと。

馬が結構なスピードで走ってるので、矢をつがえるのが間に合わなくてギリギリになってたり、
それでもちょっと体をひねってきちんと的中させてたりで、
ていうか綺麗…!!!
私は弓道やった事ないけど、
あんなに動く馬の背にあっても上体がぶれることなく、
きっちり引き絞って狙いを定める一瞬なんかはもうピタッと止まってるんですよね!
Mt.Fujがすごいすごいと興奮してた。あんなにフォーム綺麗なのって凄すぎるって。

4〜6人を1グループにして、4回くらいに分けて行われてました。
進行についての放送は無いので、1回目で終わったと思った人達がほとんどだったみたい。
1回目終わったところでごっそり人が減ったので、私たちが観れたのは実質2回目からです。
1回目は人多過ぎて観覧エリアに入ることすら出来ず、木々の間からかろうじてって感じでした…。

三の的を過ぎてからバランス崩して落馬しかかる人もいたし、
矢が衣装に引っかかったのか取れず、射る事が出来なかった人もいたし、
馬のやる気というかスピードもそれぞれで、
すごくゆっくりのんびり走っちゃった馬もいたし、
血相変えてすごい勢いで走ってきた馬もいた。早過ぎて乗ってる人焦っただろうなぁ。
馬から手を離し、バランス取りながら上体捻って、走りぬける間に三つの的に順番に当てるって、
すごい難しいんだーーってのが、観てて思いました。いや当たり前なんだけど、すごいなーって。
三の的過ぎてものんびり出来ず、今度は馬を停めないといけないし。
そんなに距離無いので、幕に突っ込みそうな勢いの馬もいたよ。


写真で全然伝わらないのが残念ですけど一応貼っておきますね…。
検索すればもっと良い写真一杯出てきますが、一般客のケータイカメラで撮ったレベルはこの程度。
実際は本当に迫力あってすごかった!!!!この距離でも十分過ぎるくらい!
結局、速くて撮れないので、撮らずにほぼ観てたんですよね、だからなおさら写真が無いの。


↑J:COMの人の右側あたりに的があったようです。見えないけど。


↑向こうから走ってきて矢をつがえて弓を引くのもかろうじて見える感じ。
伝わらないなーーーこのね、ドキドキ感というか、この位置からでもすごかったんだって!

この方、最後まで停まってるのかって思うくらい上体がブレなかった。
馬は結構速かったのに全然動じない感じが格好良過ぎる。


↑こっちは走り終わり側。準備が出来ると赤い扇を掲げて合図するみたい。


↑何人か走ったら、皆で戻って行く。


↑若い方から年配の方まで結構いろいろでした。合計20人くらいかな?


いやーーーー行ってよかった!
どうせ混んでるしよく観られないだろうと思って今まで渋ってたんですが、
もっと早く行けばよかったわ。
楽しかったし凄かった!綺麗だし格好いいわーーーーーまじで!
また行きたいなーー

Posted by at 23:37 | おでかけ | comments(0) | -

2014.06.03 Tuesday | おでかけ |

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
うなぎ食べに浜名湖へ!

先日は母のお伴で浜名湖に行って参りました!
結局兄貴も参加だったので、ちょっとした家族旅行みたいな感じでしたね。
たまにはいいですね(*´∀`*)

事の発端は母から、

浜名湖で同窓会あるから一泊してくるね。一人で行くのつまんないから一緒に来ない?
うーん、週末丸二日でしょー。予定合えば行こうかな(´・ω・`)
部屋食のちょっといいホテルにするつもりだけど、宿泊費と昼のうなぎ代出すよ´ω`)ノ
マジでー行く行く(*'∀')=3

と、見事にエサに釣られて行って参りました。
母は新東名まだ走った事が無いらしく、走ってみたいってのがあったようです。

帰りのドライバーとして、近所で一人暮らししてる兄も召喚されたので、
母、兄、私の三人でいざ浜名湖へ!!

 * * * * * * * * * *

行きは母の運転にて、新東名を走ります。
どこだったっけ、どっかのSAに寄ってお昼ご飯。駿河湾沼津だったかな?


↑桜エビのかき揚げ。蕎麦はまぁ普通。最近かき揚げが重くなってきた…。

緑茶ジャムあるかなーと探すも見つからず。
もっふるを知らなかった母が屋台に惹かれていた。

ここのSA、駐車場酷いですね。狭くて狭くて。
出ようとしたら一度入口に誘導され、駐車場待ちの車の行列に並ばされてしまいました。
避けて通ろうにも、道が狭くて追い越せなくて、
待たなくてもいいのに結構待たされてしまいました。あれはどうにかしないとまずいんじゃ。

バイクだったらこういうの無縁だよ!
ってバイクに勧誘してみたけどあっさりスルーされる(;´Д`)

気を取り直して新東名。
空いてるし走りやすいし、天気も良くて快適〜と母もご機嫌に運転してたんですが、
トラックと接触事故起こしかけてかなりヒヤヒヤしました。
あれはトラックの後方確認ミスですね。
ちょうど死角に入っちゃった時に、トラックが車線変更しようとしたんですね。
幅寄せされて、避けようと急ハンドル切ったら壁にぶつかりそうになってまた急ハンドル、
それを立て直すために右に左に急ハンドルで、マジで車がガックンガックン横揺れしました…。
本当に危ないとクラクション鳴らす余裕も無いんだね…なんて後で笑い話でしたけど、
あの時は全員、死を覚悟しましたわ(;´Д`)

バイク運転してる時も結構幅寄せされて危ない思いしてるのですけど、
四輪だとバイクよりも逃げ場が無くて怖いですね。しかも一人じゃないし。皆巻き込むし。
右避けたらすぐ激突するし、加速も悪いからするりと前に出る事も出来ない。
今回だって、決してとろとろ並走してたわけでは無く、一気に抜こうとしてたところなんですが、
それでもやっぱり事故をもらってしまう事はあるんだなぁと改めて思いましたね。
いやぁ、本当怖かった。

まぁそんな不吉な事もありましたが、
その後は順調に走り続けて、昼過ぎには浜松到着。
何するか誰も考えて無かったので、とりあえず浜松城へ。


↑若き日の家康公、との事ですが、どう見てもおじさん…


↑暑くもなく寒くもなく、とてもよい気候でした。散歩気持良い(*´∀`*)


↑野面積みという石垣。自然石を積んだだけなんだって!


↑平安、鎌倉の甲冑とはやっぱり違うんだよな〜〜。

地下にあった井戸怖かったー(゚Д゚;)

そして次に向かったのはうなぎパイ工場!!
私がどうしても行きたいと言いまくりました。ちなみに私は二回目で、兄と母は初めてです。
土曜日だったので結構混んでましたねーー。




↑PR車ですかね?すごい大きい。


↑工場見学キタ━━━d(゚∀゚)b━━━!!


↑途中で引っかかってしまったレアな現場を目撃!!


↑ベルトコンベアー好きなのでもう、たまらん(*´Д`*)ハァハァ

ホントここ大好きなんですよーーー
こんなに広い工場を上から好きに眺めていられるなんて(*´Д`*)ハァハァ
私めちゃくちゃベルトコンベアー好きなので、流れているのを見ているだけで楽し過ぎるわけです。
母と兄に解説映像を観に行ってもらい、
その間ずっとガラスに張り付いて見てました…すごいすごい楽しいーー(●´ω`●)

しかしいくら家族とはいえ、あまり待たせるのも申し訳ない…と思いまして、
2人が映像見終わる頃にはちゃんと合流。
お土産買おうかと思ったら大混雑で諦める。
見学記念品でうなぎパイもらったし、どうせホテルでも売ってるよ、というわけで。

途中のコンビニでビールを買い込み、浜名湖は舘山寺近くのホテルへ到着。



部屋は湖の見える和室。
早速ビールを飲み始める、飲兵衛一族です。もちろん500ml缶しか買いません。
私は早めにお風呂入りに行きましたが、この後2人はもう一本開けてます(;´Д`)



夕飯は部屋食希望でしたが、プランに無かったので個室懐石でした。
しかしさすが母!アワビ伊勢エビ付きです。お刺身も盛り沢山!(*'∀')=3


↑アワビ初めて食べたーー!焼かれてる様はグロいけど美味しいね!

そして再び部屋飲みですね。
ご飯食べてる時も冷酒とか飲んでたんですが、その程度で足りるはずもなく。
余ったら持って帰るから」「ホテルの冷蔵庫入らないかもねー」とか言いながら、
コンビニで適当にどんどんカゴに入れてたので、確か12缶以上は買ってたと思います。
が、翌日には「足りなかったねー」「今度は家から持ってこないと駄目かな」と、
軽く言ってる2人に耳を疑いました…。当然のように二日酔い無しだし。
ちなみに私は風呂前後で2本+食事中の日本酒(燗+冷酒3)くらいしか飲んでないわ。
我が家の中では全然飲めない子ですよ私は。炭酸もそんなに飲めない(´・ω・`)

 * * * * * * * * * *

ここは毎朝、男湯と女湯が入れ替わるスタイルなんですが、
前日に露天行ったら全然景色悪くてガッカリ。
兄の話だと、男湯は囲いも無くて景色良かったらしいので、
入れ替わるの楽しみにしてたんだ…!そんなわけで朝一に最上階の露天風呂へ!



この先の写真はさすがに無いですが、
確かに前日に比べたら開放的で良い景色でした。
解放的過ぎて、これ外から丸見えなんじゃ…とも思いましたが(´・ω・`)

母は同窓会に行くので、この日は別行動。
兄貴と一緒にとりあえず遊覧船に乗ることに。


↑なぜかちょうブレブレな写真。お恥ずかしい。


↑めっちゃいい景色!!


↑結構スピード出てます。


↑ヨット、ボート、ウインドサーフィン、釣りと様々な方々。

手を振りまくったら結構振り返してもらった´ω`)ノ
若干兄貴が引いてたけど気にしない。

2人して「次はバイクで来よう」と思うくらい、浜名湖の周り走るの気持ち良さそうでした。
まぁ兄の言うバイクはロードバイクですけどね。二日あれば来れるとか言ってた(´・ω・`)

その後は軽くドライブして、うなぎを食べに。


↑日曜日だった為かすごく混んでて2時間待ち(;´Д`)


↑茶碗蒸し大好きー(*´∀`*)

ふわふわで美味しかったけど、うなぎ食べるのに待ち時間かかり過ぎて、
他のところ行く余裕がありませんでした。
食べ終わったら母と合流し、帰路へ。


↑なかなか富士山が綺麗。


帰りは特に事故も無く。
渋滞に若干ハマってたみたいですが、私寝てたので知りません( ゚∀゚)ドヤッ
いやね、車はわりと酔うので、さっさと寝る事にしてるんですよ(^ω^)
いざとなったら運転するよ!とは言っておいたんですが、
運転技術に信用が無いので、折角の眼鏡も使わずに終わりました。

来年もまた行きたいねーなんて話をしながら終わりました。
今度は私はバイクで行くかな!
とにかく天気が良くて、バイクで行けばよかったーと思ったもんー。

Posted by at 03:20 | おでかけ | comments(2) | -

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

  • 上陸【7日目】白川水源・上色見熊野座神社・阿蘇神社・あか牛丼・草千里ヶ原→道の駅阿蘇
    道産子 (07/24)
  • 上陸【5日目】都農神社・高千穂峡・高千穂神社・通潤橋→道の駅美里 佐保の湯
    しょ (07/17)
  • 上陸【5日目】都農神社・高千穂峡・高千穂神社・通潤橋→道の駅美里 佐保の湯
    道産子 (07/11)
  • 【105日目】(沈没)道の駅パパスランドさっつる・オホーツク清里虹色うどん
    しょうこ (07/02)
  • 【102日目】→美幌峠・屈斜路湖・900草原・摩周湖→道の駅パパスランドさっつる
    しょ (07/02)
  • 【105日目】(沈没)道の駅パパスランドさっつる・オホーツク清里虹色うどん
    道産子 (06/30)
  • 【102日目】→美幌峠・屈斜路湖・900草原・摩周湖→道の駅パパスランドさっつる
    道産子 (06/30)
  • 上陸【2日目】桜島・開聞岳・鹿児島ラーメン→道の駅霧島
    しょ (06/26)
  • 上陸【2日目】桜島・開聞岳・鹿児島ラーメン→道の駅霧島
    すかい (06/25)
  • 上陸【2日目】桜島・開聞岳・鹿児島ラーメン→道の駅霧島
    しょ (06/24)

Link

  

使用アイテム ※後継含む

↑North Eagle(ノースイーグル) テント
 イーグルツーリングドームライト NE1213

設営簡単、値段も大きさも丁度良い。


↑ナンガ(NANGA) ダウンバッグ450STD レギュラー 日本製 [最低使用温度-4度]

寒がりですが、これはめちゃくちゃ暖かい!


↑イスカ(ISUKA) ピークライトマットレス 165 インディゴ

銀マットに比べて寝心地の良さが雲泥の差!長旅は睡眠の質が重要。


↑イワタニ(Iwatani) カセットガス ジュニアバーナー CB-JCB



↑モンベル(mont-bell) アルパインクッカー14

一人分ならサイズも手ごろでコンパクト。愛用。


↑チャムス(CHUMS)ホットサンドウィッチクッカー/CH62-1039

早い・安い・美味いホットサンドを作れる。革命的。


↑GENTOS(ジェントス) エクスプローラー EX-837NX

ランタンとして置いて・吊下げ両用、ヘッドを外したら懐中電灯にもなる。色味も良く愛用。


↑パワーアド(Poweradd) Pilot 2GS 10000mAhモバイルバッテリー 2ポート

コスパがめちゃくちゃ良い


↑ラチェット式ベルト荷締機 ショート ERT-25SSR 2本

コンテナボックスと防水バッグの固定用。
転倒してもズレ無し、取り外しも簡単。荷物固定の必需品。


↑バーゴ(VARGO) ヘキサゴン ステンレス