2017.06.23 Friday | 2017:南九州車中泊の旅 |

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
上陸【2日目】桜島・開聞岳・鹿児島ラーメン→道の駅霧島
朝は5時半に起床。


↑おはよう桜島!日が当たって山肌が綺麗に見える。

山好きの24さんが朝からテンションマックス。カメラ握りしめて走って行ったぞ。
その後ろで朝食作りまーす。


↑軽く茹でたブロッコリーとハムチーズトマトをサンド。

ブロッコリー多過ぎちゃう?
いや私はモリモリ詰めたい派


↑おなじみのホットサンド´ω`)ノ

うむ。トマトとチーズとブロッコリーの組み合わせがまるでグラタン。チーズの塩気が丁度良い
美味しいけど、ブロッコリーの主張が強過ぎる
そうかね?歯応え食べ応え、ボリューム感といい完璧
野菜摂れるからバランス的に入れて欲しいけど、これじゃ主役がブロッコリー
わかったわかった、次から少なめにするわ

24さんはシンプルにハムチーズだけで良い派の模様。
私はがっつり詰めてギュウギュウにしたい派。
そもそも、普段は朝ご飯を軽くしか食べない24さんと、
朝にしっかり食べないと動き出せない私では朝食に求めるものが違うかもしれん(´・ω・`)

美味しく食べて準備体操をしたら7時には出発。まずは桜島へ向かいます。
朝日を浴びて美しい陰影の浮き出た桜島に迫る。本当に綺麗(*´∀`*)
去年通った懐かしい道路を走り、桜島上陸。


↑初上陸の24さん、テンションあがり過ぎて路肩に停めては写真を撮る。

桜島って観光客より地元の人の方が多いイメージなのですが、
この日も通学中の小中学生、通勤っぽい方の車が多かったです。


↑7時半には湯之平展望台へ到着。標高373m、現時点での桜島最高地点、登頂!

去年は道がわからなくてスルーしてしまった場所なので嬉しい。
が、今度は逆光で桜島はほとんど見えず。笑

よーき君もここで写真撮ってた
あれ?桜島って百名山だったっけ?
いや、二百名山。百名山は南からスタートで、二百名山は北からスタート
へぇ、じゃあ実質あの人は日本列島を足だけで往復しとんのか

展望台から、海を挟んだ鹿児島の町並みを眺める。

あれが霧島、あそこの街が鹿児島市やろうな
で、ずーーーっとあっちが指宿か
せやな……開聞岳見えとるやん!
なんと!うわ、やば、綺麗!


↑春霞の中に、綺麗なお鉢型が見える。肉眼だともっとくっきり!めっちゃ綺麗だったよ〜。

誰も来ない展望台をひとしきり堪能したら出発。
通学中の学生や、恐らくは通勤に向かうであろう車にまじって、桜島フェリー乗り場へ。



どこでチケット買うのかな〜とか思っていたら、
有料道路の料金所形式で、あれよあれよとフェリー内部へ誘導される。
車から降りずにそのまま乗れるスタイル。


↑ここが料金所でした。車一台1,600円+大人160円だったかな?


↑15分くらいの短い船旅ですが、出発ー!

鹿児島市到着したら、一気に指宿へ向かいます。
途中で荷物満載の外人チャリダーを追い抜いた。
体型から予測するに、一次的なチャリ旅かなーって感じ。
日本一周チャリダーとかライダーに会いたいねーなんて言いながら車を走らせる。


↑10時、道の駅・いぶすき彩花菜館へ到着。

裏の展望台からやっぱり桜島を眺め、去年24さんがテント張った場所を見て回る。
産直にパン屋さんがあって、美味しそうなパンが並んでた。


↑チーズケーキパンと迷ったけど、シュークリーム購入。でかい。
口の周りを粉だらけにしながら食べる。うーん、やっぱり甘い物は好きですわ!(*´ェ`*)

ここからの道は、去年往復した24さんにお任せ。
ナビなくて大丈夫という心強い言葉に、目の前に迫る開聞岳を見て楽しむ。


↑池田湖を経由。
菜の花だったか、黄色い花が咲いてたけどちょっとピークを過ぎてたかな。


↑おおおおおお、開聞岳!

去年は頂上が雲で覆われていたので、こうして山頂まで見るのは初めて!
雲一つ無い絶好の登山日和だ(*´ェ`*)

10時半頃、二合目登山口の駐車場に到着。沢山の桜にお出迎えされる。
いそいそと準備〜と言っても、持っていくのはお昼ごはんと水くらいかね?
あと日焼け止めを塗るくらいか。すでに朝一度塗ってるけど重ねて塗り直す。
もう今回は絶対日焼けしないと思って、用途の違う日焼け止めを3種類持ってきたからな!(・∀・)

24さん日焼け止め塗る?
いらん
真っ黒なるで
いらん
さっきから何しとるん?
トレッキングポールがかちょばっとる
かちょばる?…固くなって伸ばせんのか
せや。去年使った時は大丈夫やったのに



4本あるうちの1本がどうしても伸びない。
しばらく二人で四苦八苦。
24さんの予備用2本借りる予定だったけど、もう1本でいいよーと言っても諦めがつかない模様。
まぁこうなったら気の済むまでやるのが24さんや。邪魔しないように見守る。

……お、イケる!(ガッ、ガッ、ガスッ)
おおー!さすが!
なんやこれ、白ッ
ギャー白い粉www

動くようになったポールをシャカシャカ伸縮させると、白い粉が風に舞う。
ポールも粉が付着し白い棒になってた。

塩?汗?使ったあとそのまんまやったから
ばくしょう( ゚∀゚)塩じゃない?ちょっと舐めてみて
できるかーい!\(゚ロ゚ )
ヤバいww今日使い終わったらちゃんと拭いて乾かそう

ひとしきり盛り上がったら出発。
登山口こっちの看板に従うと、桜満開のパークゴルフ場を突っ切り
ちょっと遠回りしながら二合目登山口へ誘導される。

ちなみに、今回の先頭決めは24さんが登った事があるか無いかで決めてました。
24さんが去年登ってれば私が先頭、初めての山は24さんが先頭。
そんなわけで、開聞岳は登りも下りも私が先頭を走らせて頂きました!


↑11時過ぎ、登山開始!

開聞岳の登山道は、山の周りをぐるっと一周するように登る珍しい登山道だと聞いている。
つまり、常に右手側に山頂があり、左手は下界。
開聞岳の360°全方向の景色を楽しみながら登れるという山なんですね。

桜の公園から一転、緩やかな坂道をひたすらまっすぐ登っていく。
いわゆる登山道のジグザグな道じゃないのも新鮮。
暗い樹林帯という地図の表記通り、完全に森の中という感じ。
展望は見えないけど木々が日差しを遮って、柔らかい土の道がひんやりと気持ち良い。

12時頃には5合目到着。
ちょっとした展望台があり、ここで一度休憩。
ずっと森の中だったからわからなかったけど、意外と登ってきたんだねー!


↑まずは北東方向。池田湖や指宿が見えますね。

ここからは時々展望が開けるようになります。


↑徐々に佐多岬方面から南の海側へ。


↑登山道はこんな感じでちょっと岩も増えてくる。
でも基本的には穏やかな登りやすい道。


↑海側。

海水温が高い為か、海上がガスってモヤがかかって見えるんだけど、
地元的には「春霞」と言うそうで。言い方変えただけですけど、素敵な響きです(*´ェ`*)

屋久島と種子島が見えた!って場所があったんだけども、
あとから調べると硫黄島とかの可能性も…??
写真ではほとんど写らなかったので、残ってる写真見てもちょっとよくわからない。


↑そして西側、枕崎方面が見えてきました!


↑ぐるっと回って池田湖まで!

最後が少し岩場となりましたが、終始楽しく登っていたらいつの間にか山頂へ!


↑13時、開聞岳(924m)登頂!

コースタイムは1時間50分くらいかな。荷物軽いから早かった。
しかし、実は到着直後は団体客で山頂がごったがえしてて…。


↑実際の登頂直後。
皆同じお弁当食べてたから、ツアー客かな?


↑すごい景色ー!

団体さんがいてあんまり写真撮れない感じなので、ひとまず隅っこでご飯タイム。
風も強くなく、暑くも寒くもなく、本当に気持ち絶好の登山日和でした!


↑この岩に座ると、目の前の景色独り占めな感じでめっちゃ楽しい。





満喫してたら団体さんが下山していったので、改めて山頂写真を撮ったり。
1時間ほどのんびりしたら下山。

途中で団体さんに追い付いてしまう。
しんがりの人とかは結構後ろを気にしてるので、すぐに譲ってくれるんだけども、
かなり大勢の団体さんで、一気に抜けなくて行列内にハマってしまう。

そこに足を乗せて、次こっちに足を乗せて…
大丈夫よ、ゆっくりね〜

途中のおばちゃん達…!気付かないというか、後ろ気にしてないのか…!
ちょっとした段差でも止まるから後ろの私はジリジリする。
私らの後ろの人とかも声掛けてくれればいいのにね…!

しょうこさん、オレに任せい

ちょっとイライラし始めた私を抜いて、24さんがおばちゃんの後ろにつくと、
なぜかおばちゃん達はすぐに道を譲ってくれた。これにもちょっとイラっとしてしまう

なんでや、なんで24さんだとすぐ譲るんや(`ε´)
しょうこさん静かに歩くけど、オレは自己主張強いからや
なんやそれ
ジャンプして足ダーンて着いたり、結構ゼィハアうるさくしてアピールするんや
なるほど。ええ格好しいで息を殺してひっそり歩いたのがあかんのか
ええ格好しとったのかい笑

勉強になりました。

5合目の展望台で、汗びっしょりな外人が登って来た。
これから登るのかな?コーラ飲んでめっちゃ軽装だった。

1時間半くらいで下山終了。


↑桜と開聞岳!

トレッキングポールをウェットティッシュでしっかり拭いて、乾かしてからしまう。

今まで1本しか使った事無かったけど、2本あると全然違うね。歩くのが楽
せやろ。今回の旅はずっと使ってええで。明日は普通に伸ばせるやろう
ありがとー(*´∀`*)


↑汗かいたのでポテチ美味ーい!塩分補給(*'∀')=3

さて、開聞岳の見える露天風呂に浸かろうと思ったものの、
なんと…驚きの定休日という…!!(´;ω;`)ブワッ
仕方ないので近くの屋内温泉で汗を流し、今日の宿営地へ向かう…が。

天気予報によると明後日から雲が増えて天気が崩れるらしい。
となると、明日なんとか霧島連山に登りたい。なんせ明日は今日と同じ雲一つ無い快晴だという。

…霧島まで行きましょうか(´・ω・`)

登山後に疲れている24さんに頑張ってもらって、一気に北上します。
というか、この時なんの疑問も持たなかったけど、
当然のように霧島連山に登る段取りで行動している我々…(´・ω・`)

鹿児島市に近付き、せっかくだし鹿児島ラーメンを食べようと話す。
車を停めて調べるのも面倒なので、次に見かけたラーメン屋に入ろうと決めたら、ありました!

駐車場に一台も停まっておらず、ちょっと心配。
一応口コミ見たいという24さんがネットで調べたら、高評価みたいなので意を決して入店!


↑麺達 らー麺マン


↑豚骨あじ玉らー麺(780)

美味い…!(*'∀')=3
豚骨の臭みが無くて、食べやすい〜美味しい〜(*´∀`*)
えええ、関東のとんこつってめっちゃくさいイメージあるんだけども、
ここの豚骨は全然臭みがなくて、本当美味しい(*´Д`*)
ちょっとしたカルチャーショック……なんや九州のラーメンって美味いやん!
今後の食べ比べに俄然意欲的になる私。

その後は懐かしの国道10号を走る。
ああーこの道走ったー!
2人ともちょっと苦労しながら走ってるので、結構思い入れが強い。
ラーメンにニンニク入れたせいか、やけに元気にテンション高い状態のまま霧島市街へ。
去年霧島で沈没した私は結構道覚えてた(*´ェ`*)
バイク屋さんの前やコインランドリーの前を通って、20時頃に道の駅・霧島へ。

去年は建物の方に行ってたので泊まれそうとは思わなかったんですが、
建物の手前というか裏に駐車場とトイレがあって、今日はそこに泊まる事に。
トイレは…微妙なので、やっぱり私好みではないけど、
東屋と机もあるので、明日の朝は広々朝食出来そう。

二人ともヘロヘロなので、すぐに就寝。

Posted by しょうこ at 22:44 | 2017:南九州車中泊の旅 | comments(4) | -

2017.06.18 Sunday | 2017:南九州車中泊の旅 |

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
上陸【1日目】雄川の滝・佐多岬・荒平天神・トンカツ→道の駅たるみず
6時半起床。



外はもう明るい。なんか島が見えてない!‽
昨日は強風で出られなかった甲板に出られるようになってたので、早速甲板へ!



素晴らしい天気!完璧な快晴!
しかし風が強い冷たいーー。・゚・(ノД`)・゚・。

レストランはまたバイキング形式だったのでパスしまして…。
菓子パンと缶コーヒーで朝ご飯。


↑関西限定!


↑ちなみに雑魚寝部屋はこんな感じ。座席は指定です。
比較的人は少なかったので、隣の人とは1スペースあいてた。
布団しいてシーツかけて毛布被る感じ。夜中に寒くて、隣の毛布借りて二重にした。

デッキに出て九州の島を眺める。


↑九州だー!

携帯のGPSを使いながら、見えている陸がどの部分かを考えて遊ぶ。


↑とかやってたら9時に着岸。
階層構造になっている駐車場から、誘導員に従い脱出!

九州上陸ーー!!゚゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚
まさか今年も九州の地に足を踏み入れられるとは思いもせなんだわ。

さて、それでは早速、車でブイブイ走ったるで!

疲れたら運転代わるから言ってね!免許もメガネも持ってきてるで!
いや大丈夫やで。運転好きだし……しょうこさん、最近車の運転したのいつ?
車だとねぇ〜、2年前くらいかな?その前だとさらに3年前くらい
……交代してもらう事は無いと思う
えっ、でもバイクは運転しとるから車道は慣れとるよ!ただサイドブレーキとかアクセルの操作とかが怪しいだけで
あかんやろ
あとバック慣れてないから車庫入れは苦手。車幅感覚無いからぶつけるなら助手席側とだけ宣言しておこう
ええから大人しく助手席でナビしとって

というわけで、ドライバー24さん、ペーパードライバーの私がナビという布陣で進みます。


↑とりあえず車の中はこんな感じ。まだ整理出来てなくてグチャグチャやね。

最初に目指すは最南端・佐多岬。
去年の24さんは指宿には行ったのに、最南端には行けなかったので行ってみたいとの希望。
その前に、フェリー内のポスターにあった雄川の滝へ寄ってみる。


↑11時頃、雄川の滝、上流。



ダムがあるのが景観的には残念だけど、見下ろすだけでもなかなか良い感じ!
滝の手前まで遊歩道があるっぽいので、そちらに向かう事に。
大回りしながら車で下流へ下る。


↑11時半、雄川の滝の遊歩道。
こちらの方がメジャーっぽい。駐車場にも車が数台停まってた。
1kmくらい歩くのかな?川の隣を並走する小道を上流へ向かう。

あかん、腹減ってった。しょうこさんは平気?
私はまだ大丈夫
いつもだったらお昼の時間や…この状態で遊歩道を行くのは無理や
パンかお菓子買っておけばよかったね
登山用の非常食でカロリーメイトがある。こいつを食うしかないか
非常事態だ。致し方ない
今度から小腹が空いた時用にパンを常備せんと

その後、車中にチョコスティックパンが常備される事になりました(´・ω・`)
24さんは代謝高いので、同じ物食べてもすぐにお腹が減るんですよね。
2人の空腹タイミングを合わせるのがなかなか難しい、ので時々24さんはおやつ補給してた。笑

カロリーメイトをかじる24さんと早速遊歩道を歩く。




↑鯉のぼりのシルエットが本物の鯉みたい!

天気も良くて気持ち良い。川の横を並走する整備された遊歩道を歩く。







ちょっとしたカーブや坂道もあって、車で固まった身体がほぐれそう。

15分くらい歩いて滝壺へ。







岩壁に囲まれた秘境ちっくな滝!
ダムの放流が始まった直後だったみたい。
いつも来ている風のおじさんが「水量多くて今日は駄目だ」て言ってたけど、
これでも十分気持ち良い!

かなりのんびり満喫したら、再び同じ道を戻って駐車場へ。
神戸ナンバーの男性2人組が隣に停まっていたので少し話す。
私達と同じく今日到着したらしいけれど、
どこに行くか何をするかなにも考えてなくて、遊歩道歩いたら次どうしよっかなーとか言ってた。笑
のんびり旅っていいですよね(*´ェ`*)


↑12時半、道の駅・根占へ立ち寄る。

24さんいわく、私のテンションがこの日一番高くなったらしい。笑
まさか!またここに来るとは思わないじゃないですか!笑
去年の旅ではお世話になりました!!(*´ェ`*)


↑ここにテント張りました!


↑こんな感じでしたね!(*'∀')=3

佐多岬までレストランとかないのは知ってるので、ここで一度腹ごしらえ。


↑ちりめん丼(800)
今日の夕飯はトンカツと決めていたので、最南端カツは我慢しました。
まぁ24さんは迷う事なくカツカレー食べてましたけど…(;´Д`)

最南端へ向けて、何も無い道30kmを走ります。

懐かしい!

覚えてる!

ここで猿が座ってた!

去年の事を思い出してテンションあがるぅ〜!

30kmのうんざりする何も無い道を走るのも、
なんだか懐かしくてちょっと楽しい。のは助手席だからかも。
運転するには結構しんどい道だよねここ…帰りも同じ道で往復60kmだもん。

ところが佐多岬は展望台が工事中の為、去年よりも行ける範囲が限定されてしまってました。
手前の広場的な駐車場で車を置いて、
その先はシャトルバスで行き来するらしい。ガイドの人が案内してくれた。

去年はこの広場的な場所のタイルを並べてたのは覚えてるんだ。

こんなオブジェもできてました!


↑記念に一枚






展望台付近は工事中で立ち入り禁止になってまして…。


↑真の最南端(佐多岬)までは行けないという。
展望台が出来ても、さらに奥の真の最南端はガイドさんとのツアーでしか行けないらしいよ。

マップを見てるとシャトルバスのおっちゃんらが親切に近寄ってくれるんだけど、
24さんが「真の最南端には行けんの?」って多分数回聞いてて、
最南端行くつもりで来たのに結局行けないとかなんか残念過ぎるよね…。

仕方ないので神社だけ行きましょうか。
どうも去年行けた何も無い展望エリアも無くなってるみたいです。


↑もっと人が来るようになったらいろいろ整備されるのかなぁ。




↑めっちゃ猿いる

あーーーすごいガッカリ観光地になってるんだねぇ。
今後また来るかというと、なかなか難しい場所ですからね。
本当に、早く、展望台作ってあげてーーー(´・ω・`)

まぁ仕方ないですね。
とりあえず最南端行ったという事で、北上していきましょうか。

真の佐多岬に行けなくてテンション下がった24さんが再び黙々と車を走らせる。


↑画面中央のシルエットは…??

……ん?あれ?あの山ってもしかして
え?あ!開聞岳や!開聞岳やん!

佐多岬ではまわりの山が邪魔して見えなかったんだけど、
平地に出ると海を挟んでうっすらと開聞岳が!
大興奮の24さん、すぐに見つけた展望台で車を止める。



その後も時々車を止めては開聞岳を撮影。この人ほんとうに山大好きやなァ…(´・ω・`)


↑こんな看板があって胸アツ。我々は宗谷岬まで行ったんですよ(*'∀')=3

それでは市内へ向かいます。同じ道を30km戻るんだよー(;´Д`)
職場のお客さんがアツく薦めてくれたとんかつ屋さんに行く前に、海沿いの神社へ向かいます。

道の駅・錦江にしきの里にも立ち寄る。
去年はエホバに勧誘されたなぁ〜なんて、案外覚えてるもんですね!
隣にローソンがあって、結構産直が賑わってて…トイレは古いけど綺麗って感じ。
私がぶらぶら産直さまよってる間、24さんは外のベンチでぼけーっとしてたらしい。

こうやってベンチで道の駅が閉まるまで待ってたなーって、やっと旅してる感出てった
私は関西に来た時点で旅感出てたけどな。あと根占で
オレは関西からいきなり鹿児島やからなぁ。今じわじわと旅感出てる。去年の感じきとる笑

産直で朝ご飯の材料を少し見つくろい、
ここ隣にローソンあるのよね、ローソンで食パンやら購入。
それじゃ出発。


↑16時、荒平天神

これもフェリーで見た写真がすごい綺麗だったんですが…。



まぁこんなもんですかね!


↑17時、竹亭へ到着。


↑とんかつ定食(900)

24さんはヒレかつを頼んだので、一口もらう。
ううむ、これは断然ヒレかつだ!(*´Д`*)
私は元々赤身の方が好きなのですけど、
ここのお店を紹介してくれたお客さんが薦めてくれたのは基本のロース。
2日目にメンチカツを毎回食べると言っていたので、
とりあえず初日だし、私も基本のロースにしてみたんですね。

ロースも甘くて美味しいけれども、ヒレかつ…ヒレかつの美味さには敵わん\(^o^)/
なんだろう、この赤身マジで柔らかいしくどくなくてめっちゃ肉の感じで本当私好みの味!

衝撃的だったのはお味噌汁で、白味噌ベースの白い味噌汁。
出汁がきいててめちゃくちゃ美味い。
お店の人と少し話して、車に戻った24さんとも味噌汁の話してた。笑

さて、それじゃあ今日の宿営地は最初から決めてました!
北海道は恵庭で出会ったベテランヒッチハイカー・ネズさんのおススメ、
道の駅・たるみず 湯っ足り館へ向かいます。お風呂併設だよ〜。

前方に見える大きな山…桜島だ!!



うおおおおと興奮しながら夕日の沈む桜島を写真撮る。笑


19時頃、道の駅・たるみず到着。
ん……温泉…やってなくね???(・∀・)

まさかの 定 休 日 (ノД`)・°

ううーん、温泉入らなくてもいいけどね…別に1日くらいどうって事は無いのだが…。

しかしあの噴煙あがる桜島の近くは絶対いい温泉沸いてるはずや
だよねー。近くの探して行ってみようか


↑江洋館(300‽)貴重品ロッカー無いので、ビニール袋に入れて受付に預けて下さい。

このなんだか地元民しか使わなそうな感がぷんぷんでしたが、
これがね、いやね、やばいね!(*'∀')=3

身体がこれを求めていたというか、
私あんまり温泉とかようわからんけど、
熱過ぎずぬる過ぎず、ぬるっと肌に馴染む…馴染むぞッ!
この旅でベスト1と言ってもいいくらいの最高の温泉でした。

あまりにホクホクした顔で出ていったらしく、24さんにも驚かれた。


↑道の駅に戻ったら、ようやっと上陸おめでとうの乾杯!

Posted by しょうこ at 23:25 | 2017:南九州車中泊の旅 | comments(0) | -

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Link

  

使用アイテム ※後継含む

↑North Eagle(ノースイーグル) テント
 イーグルツーリングドームライト NE1213

設営簡単、値段も大きさも丁度良い。


↑ナンガ(NANGA) ダウンバッグ450STD レギュラー 日本製 [最低使用温度-4度]

寒がりですが、これはめちゃくちゃ暖かい!


↑イスカ(ISUKA) ピークライトマットレス 165 インディゴ

銀マットに比べて寝心地の良さが雲泥の差!長旅は睡眠の質が重要。


↑イワタニ(Iwatani) カセットガス ジュニアバーナー CB-JRB-3



↑モンベル(mont-bell) アルパインクッカー14

一人分ならサイズも手ごろでコンパクト。愛用。


↑チャムス(CHUMS)ホットサンドウィッチクッカー/CH62-1039

早い・安い・美味いホットサンドを作れる。革命的。


↑GENTOS(ジェントス) エクスプローラー EX-837NX

ランタンとして置いて・吊下げ両用、ヘッドを外したら懐中電灯にもなる。色味も良く愛用。


↑パワーアド(Poweradd) Pilot 2GS 10000mAhモバイルバッテリー 2ポート

コスパがめちゃくちゃ良い


↑ラチェット式ベルト荷締機 ショート ERT-25SSR 2本

コンテナボックスと防水バッグの固定用。
転倒してもズレ無し、取り外しも簡単。荷物固定の必需品。


↑バーゴ(VARGO) ヘキサゴン ステンレス