2017.08.22 Tuesday | 2017:南九州車中泊の旅 |

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
上陸【11日目】英彦山→福岡南部の知人宅
24さんのいびきがすごかった…(´・ω・`)
私は慣れてたけれど、隣で寝てたKenちゃんに心配される。
連日運転だったし九重登るまではピリピリしてたし、どっと疲れが出たんだろうなァ。

ちなみに私も疲れるといびきかいてるらしい。
去年もテント越しに聞こえたとか…あああ恥ずかしい(ノД`)・°
あとネズさんにも言われたけど寝言よく言ってるらしい。笑
テント越しに会話出来ちゃうくらいの寝言って…(;´Д`)

久しぶりに布団で寝かせてもらったので、だいぶ疲れは取れた!
仕事のKenちゃんをお見送りし、今日は近くの山を登ります。


↑まずは腹ごしらえ。道の駅・うすいのパン屋さんで買っておいたパン。

私はドライフルーツがたくさん入った、ハードなパンが大好物です。
あまりに美味しそうなので2つ買ったものの、なんせぎっちり身の詰まったハードなパンですので、
1つと半分しか食べられなくて残った半分はザックへ戻す。
いつか食べるでしょう(´・ω・`)

今日もKenちゃん家にお泊り予定なので、近場で遊びます。
24さんの運転でブイブイ言わせて、登山口へ向かう。


↑11時、銅鳥居登山口へ。

この山を登らずして九州を語るな」と言われた英彦山(ヒコサン)です。
標高は高くはないですが、信仰の霊山らしいですね。

いつもの通りに準備体操をしてトイレへ。
私ちょっとここのトイレは無理かも…という事でパスする。

駐車場の手前でスーツのおじさんが、舗装路をのぼってくるご年配の集団を誘導している。
登山スタイルだが…まさかあの集団も登るつもりだろうか。

ちょっとドキドキしてましたが、
目的地が違うみたいでその後お会いする事はありませんでした。



なかなか良い雰囲気ですな!






↑春なのだが赤いモミジが紅葉みたいで不思議な感じ。

神宮まではずっと石畳の階段。いわゆる普通の参道ですね。
普通の参拝客も、登山客も、どちらも半々くらいでいる感じ。
よちよち歩きのお子さんを連れて散歩に来ている方も。


↑11時半には英彦山神宮へ到着。

ここまではスロープカーで来れるみたいですね。


↑それでは登山道スタートです。

急な階段を一気に上っていくと、徐々に岩の転がる登山道へ。
今日の先頭は初登山なので24さんなわけですが、珍しくほとんど喋らない。

……
……(なんか怒ってるのかなぁ)
……
もしかして、修行中か!Σ(゚Д゚)
せやでー

修行の山なので、喋らずに黙々と登っていたらしい。ビビったわ(;´Д`)
今まであれだけどうでもいい事ばっかり喋りながら登っていたので、
黙って登られるとこっちがヒヤヒヤするわ…!


↑ゴロゴロ転がる背丈程の岩に、新しい木が生えていたり。

地震の影響かわからないけれど、大きな岩がゴロゴロ転がり落ちてきたのかなぁ。
岩が木をなぎ倒し、そして岩にまた苔が生えて木が根を張るという、
大きな力が働いた後の自然の強さを見せつけられた感じ。

途中でベンチがあったので休憩してたら、登山客が結構集まっていた。
おじちゃん達がこの辺りの山は〜っていくつか名前を挙げてくれたんだけど、
まぁ、全然、わからなかったよね…(´・ω・`)

人の頭ほどの大きさの岩、木々の根っこ、自然の登山道は林に囲まれていて日陰になっている。
大股にならないように気をつけて、道の中でもジグザグ小股を意識しながら登っていくと、
急に木々が減って人の手が入った階段登山道となる。


↑終始歩きやすい登山道でした。

そして最初から最後まで、24さんは黙々と登っていった(´・ω・`)
仕方ないので邪魔しないよう、私も黙々と登っていった。
珍しい…本当に珍しいのですよ、このお喋りな私と24さんが黙ってるという…!


↑13時、英彦山神宮の奥の院に到着。

建物の裏の何も景観が望めない場所なのに、お昼ごはんを食べている登山客がちらほら。
これは…なんだか嫌な予感がするぞ…ちょっと山頂広場に行ってみますか。


↑広場は学生さん達で賑やか〜ごちゃごちゃ〜

山頂標識に寄り掛かってご飯食べてる子達もいて、
ちょっとすまんけど場所空けてな〜って感じで避けてもらいまして…


↑英彦山(1,200m)登頂!

いやこれは、確かに建物の裏の落ち着いた場所でご飯食べたくなるわ。
どこの学祭に紛れ込んだのかというレベルの賑やかさである。遠足か!

30分足らずでそそくさと下山開始。
一応、修行の山として粛々と登って来たので、くだりも静かにくだりたい。
学生達が下山するより先にスタートしましょう。



土砂崩れでもあったのだろうか。
大きな倒木があったり、死んだ木が転がっていたり、かと思えば切り株から新しい若木が育っていたり、
何か震災でリセットされたのかと思うような不思議な景色が広がる。


↑桜が咲いてるんですよ!地味にお花見できてるんですよ!

だって登ったのは4月ですからね!
今年は地元で全然お花見出来なかった分、
九州でお花見できてますねェ〜ちょうど良い感じに行く先々で咲いてる(*´ェ`*)


↑戻ってきました!ありがとう、英彦山!


↑昨日と同じなつきの湯で汗を流す。

明日以降も天気良さそうだし、由布岳も登れそうだね
いや、もう登山は終わりや
え?なんでなん。由布岳登るんやないの?
もう登山はええ。あとは帰るだけにしよう
そうなん?どうせ大分行くんだから、登りたいけどねぇ…

どうやら24さん、阿蘇・九重を無事終えて緊張の糸が切れたらしい。
霊山の英彦山で終わりが綺麗だし丁度良いと思った模様。

九州上陸から日程相談する時には自然に由布岳登る流れだったので、
私は当然由布岳登って最後のつもりだったので、ちょっと残念…ていうか、
山に登らない24さんが、フェリーの日まで時間潰せる気がしないんだけど…(´・ω・`)

しかしまぁ、登山に関しては24さんがリーダーなので、
24さんが登らないと言ったら登らないのでしょう。
さて、明日から何して過ごそうか…( ´,_ゝ`)

Kenちゃんと合流し、去年行ったという行きつけの焼き肉屋さんへ。


↑めっちゃ美味い。

Kenちゃんは焼き肉をこまめに引っ繰り返す、いわゆる気になっていじり過ぎるタイプ。
私はここぞという時に一回ひっくり返したいが故に、結局焦がすタイプ。
なのでケンカになりそうなので、網を三分割して各自のエリア内で焼く事に。笑

いやでも人がひっくり返すのは、心では色々思うけど言わないよ(・∀・)


↑今日も飲んでるぜ、乾杯(*´ェ`*)

* * * * *

Posted by しょうこ at 00:26 | 2017:南九州車中泊の旅 | comments(2) | -

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

  • 上陸【11日目】英彦山→福岡南部の知人宅
    K (08/22)
  • 上陸【11日目】英彦山→福岡南部の知人宅
    コータロー (08/22)
  • 登山【雲取山】鴨沢ピストン:小袖乗越→七ツ石小屋→小雲取山→雲取山
    しょうこ (08/16)
  • 登山【雲取山】鴨沢ピストン:小袖乗越→七ツ石小屋→小雲取山→雲取山
    SA (08/12)
  • 上陸【9日目】九重連山(久住・中岳)→道の駅うきは
    しょ (08/09)
  • 装備リスト
    しょ (08/09)
  • 上陸【7日目】白川水源・上色見熊野座神社・阿蘇神社・あか牛丼・草千里ヶ原→道の駅阿蘇
    しょ (08/09)
  • 上陸【9日目】九重連山(久住・中岳)→道の駅うきは
    すかい (08/09)
  • 装備リスト
    Wの人 (08/08)
  • 上陸【7日目】白川水源・上色見熊野座神社・阿蘇神社・あか牛丼・草千里ヶ原→道の駅阿蘇
    道産子 (07/24)

Link

  

使用アイテム ※後継含む

↑North Eagle(ノースイーグル) テント
 イーグルツーリングドームライト NE1213

設営簡単、値段も大きさも丁度良い。


↑ナンガ(NANGA) ダウンバッグ450STD レギュラー 日本製 [最低使用温度-4度]

寒がりですが、これはめちゃくちゃ暖かい!


↑イスカ(ISUKA) ピークライトマットレス 165 インディゴ

銀マットに比べて寝心地の良さが雲泥の差!長旅は睡眠の質が重要。


↑イワタニ(Iwatani) カセットガス ジュニアバーナー CB-JCB



↑モンベル(mont-bell) アルパインクッカー14

一人分ならサイズも手ごろでコンパクト。愛用。


↑ CHUMS(チャムス) ホットサンドイッチクッカー

早い・安い・美味いホットサンドを作れる。革命的。


↑スノーピーク(snow peak) チタンシングルマグ 300ml

コミュニケーションツールとしてもコップは必須だと思う。


↑キャプテンスタッグ フライパン ハイフロン加工

餃子、ソーセージ、肉が焼けます!


↑GENTOS(ジェントス) エクスプローラー EX-837NX

ランタンとして置いて・吊下げ両用、ヘッドを外したら懐中電灯にもなる。色味も良く愛用。


↑パワーアド(Poweradd) Pilot 2GS 10000mAhモバイルバッテリー 2ポート

コスパがめちゃくちゃ良い


↑ラチェット式ベルト荷締機 ショート ERT-25SSR 2本

コンテナボックスと防水バッグの固定用。
転倒してもズレ無し、取り外しも簡単。荷物固定の必需品。


↑バーゴ(VARGO) ヘキサゴン ステンレス